会社の新制度で大型免許を取得。今、新しい業務に挑戦中です。

ルート配送ドライバー
(大手流通グループ専属)
イオン関東RDCセンター勤務 H・Cさん 37歳

勤務17年のベテラン、ドライバーのチームリーダー、20Kgダウンの引き締めた肉体で、仕事もプライベートも、更なるモチベーションアップ。

良く分からないまま勢いで、
福山通運グループ(ジェイロジスティクス)の求人に応募しました。

高校を卒業し、新卒である運送会社に入社しました。そこでは2年ほど働きましたが、二十歳の時に福山通運グループ(ジェイロジスティクス)の求人に応募し、転職しました。なぜ会社を辞めたのかは、実は自分でもあまりピンときていないんです(笑)。もちろん理由はあります。当時の会社が経営が思わしくなく、給料が少し下がる事になったのです。それが原因で会社が騒ぎになっちゃって。若かった自分はそれだけで不安になってしまって、後先考えず会社を辞めてしまったんです。
辞めた後に初めて求人を探しました。ドライバーにこだわりませんでしたが、結局、スキルが活かせる運送系の会社で求人を探しました。何社かの求人の面接も受け、幸い内定もいただきましたが、こちら福山通運グループ(ジェイロジスティクス)が正社員の求人採用で、しっかりした給料、待遇、福利厚生だった事が入社の決め手となりました。あと、会社の規模や安定性も考えました。今度は長く働きたいと思いましたから。
そんなドタバタで働き始めた福山通運グループ(ジェイロジスティクス)ですが、求人採用から今年で17年目です。結果的にはとてもいい会社に出会うことができたと思っています。現在はこちらの配送センターから大手大型スーパーに商品を運ぶ配送ドライバーの仕事を行っています。目的地は関東近郊が中心となります。遠いところで100キロちょい。もちろんもっと近いところもあります。荷物を運び、またこの配送センターに戻る。それを1日3回くらいのペースで行っています。

大変なこともありますが、
やりがいある環境です。

一日のスケジュールは自分の場合は8:00の出勤です。配送先の確認と、運行前点検を行い、荷物を積み込みます。配送の品はピッキングスタッフの手ですでに用意されています。カーゴでの積み込みなので、体への負担は少ないですね。積み込みを終えたら、すぐに出発です。だいたい9:30くらいです。1回目の配送は午前中に終えることが多いです。そのまま、2回目の配送を行い14:00くらいにお昼の休憩。休憩後は夕方にかけて最後の配送を行う感じです。正直、残業もそれなりに発生して、大変なことも多いですが、働いた分は給料に反映されるシステムですので、不満はないですね。ドライバーごとに出勤時間も固定されていて、日勤、夜勤の入れ替わりもなく、毎日同じペースで働けるのも良い点です。業務の終了は平均すると20時過ぎくらいでしょうか。
今年に入り大型運転免許を取得しました。正直ずっと取りたいと思っていたんですが、忙しかったり、結構費用も掛かることで、後回しになっていたんです。きっかけは福山通運グループ(ジェイロジスティクス)で免許取得支援制度が始まったからです。こちらの制度は会社の補助で無料で免許が取れる制度です。もちろん、勤続年数、勤務態度、事故の有無などチェックはありますが。クリアできれば100%会社負担で大型免許を取得することができます。費用も何十万とかかりますから、大きいですね。さらには大型トラックで業務を行うと給料もUPしますから、メリットだらけだと思います。ただ、大型トラックはやっぱり大きいです。ずっと中型トラックでやってきたので余計そう思うのかもしれませんが、今は大型トラックのスキルをしっかり身に付けることが目標であり、新たなチャレンジですね。

福山通運グループの黄色い制服を、
今は大好きになりました。

正直に言うと、17年間のうち何度か会社を辞めようと思った事があります。理由は、気の合わない人に腹を立てたり、もっと給料がいい会社で働きたいと思ったり、仕事がうまくいかないと悩んだり。でもそれって、今考えると、仕事にやる気をなくしたり、単にダレていただけなんですよね。何だって前向きに取り組んでいかないと、どんどん良くない方向に進んで行っちゃうと思うんです。できることをしっかり取り組んでいこう、少しずつでも努力していこう。そう思って取り組むと仕事が楽しくなりだしました。まぁそれも30歳を過ぎてやっと気付いた事なんですが(笑)。でも、先ほども言った大型免許の取得の話など、嬉しいことも増えたのは確かです。会社が自分の仕事ぶりを認めてくれるのは頑張れる力になりますからね。
ここの仕事は決して難しくありません。それでいて、頑張った分がしっかり給料に反映されますからやりがいもしっかりあります。ドライバーだけでなく、今は、チームリーダーのお仕事もさせてもらっています。12人のチームでシフト管理や運転の指導などを行っています。仕事の幅も広がり自分の成長も感じることができています。
二十歳の入社の時、今着ている福山通運グループの制服が嫌でした。黄色でかなり目立っていますから。当時「これ着るんですか?」って聞いて、当たり前だと怒られましたね。今は、もちろんこの福山通運グループの制服で働けることを誇りに思っています。